よくある質問

よくある質問

Q 病院でなくなりました。はじめにどうしたらよいのでしょうか。
A

亡くなった方を病院から、ご自宅または荼毘をむかえるまでご安置したい場所に移動が必要になります。

死亡診断書を所持していれば、ご家族の方がご移動することは可能ですが、もしもの場合の対応を考えますと葬儀業者に連絡をしてご移動を依頼したほうが良いでしょう。

Q 亡くなった後の手続きに必要なものはなんですか。
A 病院等から発行されます死亡診断書と申請者の方の印鑑(三文判で可)が必要になります。
Q 手続きをするとお葬式の給付金がでるのですか。
A

亡くなった方が国民健康保険加入者または社会保険加入者の場合葬祭費用の給付金を受け取れることが出来ます。

自治体によって金額は異なりますが3~7万円程度が支給されます。

Q 友引に葬儀はおこなっていいのですか。
A 葬儀式は行うことが出来ます。しかし、火葬場が友引はお休みの所が多いので、友引の日に荼毘に向かうことが出来ないことが多いです。火葬場を使用せずに他の施設を使用しての葬儀は行うことが出来ますが、必ずとは言えないので確認が必要となります。
Q 葬儀の日程はどのように決めるのですか。
A

始めに司式者(寺院等)と火葬場の日程が合う日時で考えます。その中でご遺族の方の合う日を決めて考えます。しかし、亡くなられた方やご家族の方の状況によっては密葬して後に葬儀を行う場合もあります。(お骨でのご葬儀を行う)

Q 葬儀は行わなければいけないのでしょうか。
A 人が亡くなったら死亡届を提出をする事と火葬(または土葬)をしなくてはいけないと法律で定められています。近年は土葬の地域が限られているので殆ど火葬と考えて良いかと思います。しかし、葬儀は行わなければいけないという法律はありません。直葬(火葬)のみ行うという方も多くなって来ました。ただ、お別れの場がないと遺されたものにとっては負担となることが出てくることがありますので日頃からご家族の方には意思表示が必要です。

 

24時間365日無料でご相談にお応えします

フリーダイヤル:0120-16-0199 24時間365日 通話料無料

専門スタッフが24時間365日いつでもお電話または対面にてご相談にお応えします。もちろんご相談だけでは費用も発生いたしませんので、安心してご相談ください。

  • 事前相談予約
  • 無料資料請求
お急ぎの方 24時間365日 年中無休
フリーダイヤル:0120-16-0199
事前相談のご予約
詳しい資料とエンディングノートをお届けします 無料資料請求はこちら