家族葬では香典を渡すべき?ルールやマナーをご紹介

家族葬では香典を渡すべき?ルールやマナーをご紹介

お世話になっている会社の上司や知人の方が家族葬を行われると聞いた時、ご香典を送るべきなのかどうか迷うことがあることでしょう。家族葬では、 香典を送っても良い場合と、送ってはいけない場合があります。失礼をしてしまわないためにも事前にマナーをしっかりと確認しておきましょう。そこで今回は、家族葬における香典のルールやマナーについてご紹介します。

家族葬における香典の有無はどうする?

故人や親族の意向により「家族葬」を選ばれるケースがほとんどであり、家族葬を行う方の多くは、香典や供物をお断りされている方が多いのです。持っていったとしても断られることがほとんどでしょう。身内だけで静かに弔ってほしい、葬儀前後の手続き等で親族に負担をかけたくない、という故人の意向で家族葬にされる方が多いからです。

声掛けがない場合は弔問や香典は控えるべき

基本的に参列をお願いされていない場合は、香典は控えるのがマナーとされています。今までは、案内状が届いていなくても葬儀には駆けつけても問題ありませんでした。しかし家族葬においては、案内されていなければ香典も参列も控えるようにしましょう。

香典辞退がなくても香典を渡さないのが基本

家族葬では、参列したとしても香典を渡さないのが基本になっています。しかしこの辺りは少し曖昧で、香典の受け取りの有無には個人差があるので、親族に直接確認するようにしましょう。

予め案内状などに香典予約物などを断る文言があれば渡さない方がいいでしょうが、そういった文言がない場合には念のため持参するようにし、周りの雰囲気に合わせて渡すか否か選ぶようにしましょう。断られた場合はそのまま持って帰ります。

家族葬に参列しない場合で香典を渡したい場合は?

家族葬に参列しない場合でも、お世話になった方にはどうしても香典を渡したい場合もあるでしょう。そういった場合はどうすればいいのでしょうか。

事前に親族に確認をとるようにする

葬儀には案内されていないけれども、気持ちとして香典を渡したい場合には、事前に親族に香典を渡しても良いかどうか確認を取るようにしましょう。いきなり会場に行ったり、葬儀後に自宅に弔問したりは行わないのがマナーです。必ず電話やメール等で確認をしましょう。

遺族の意向に反して香典を渡すのはよくない

香典を断られても無理に渡すのはマナー違反にあたるので行わないようにします。親族もよく考えた末に家族葬という選択をしています。周りもその気持ちを汲むべきです。

家族葬で香典を渡す時のポイント

お返しはいらないことを伝えておく

しかし中には、気持ちを汲み取って香典を受け取ってくれる親族もいらっしゃることでしょう。その場合には明確に「お返しはいらない」ことを親族に伝えておきましょう。 香典を受け取ってしまうということは、お香典返しなどで親族に負担とお手間をかけてしまうことになります。 香典を受け取られた後の親族についても配慮をする必要があるでしょう。

お花や線香でもいい

お香典はお金でなくても構いません。お花やお線香であれば親族はもらっても困りませんし、こういった物であれば親族の負担になることも多くありません。葬儀後に自宅にお花を贈る場合にはあまり邪魔にならないような大きさのお花を選ぶことをおすすめします。

遺族は事前の明確な意思表示を、会葬者や遺族の気持ちを汲む

家族葬は今まで一般的に行われていた葬儀の形とは少し異なる形になるので、特に高齢者の方などは戸惑われる方も多いことでしょう。 お互いに良かれと思ってしていることなのに、香典を「受け取る」「受け取らない」で思わぬトラブルに発展してしまうこともあるかもしれません。

そうならないためにも親族は事前に「気持ちはありがたいのですが一切受け取りません」という 意思表示を明確に行うことが必要になるでしょう。葬儀に参拝してもらう人以外の方にも同様に、家族葬を行うため香典等は一切頂かないことを事前に伝えておくとトラブルを未然に防止できます。

また会葬者は遺族の気持ちを汲むことを何よりも真っ先に考えなければいけません。多くの場合は故人が家族葬を希望されています。最後は家族で静かに 送り出してほしい、 周りに負担をかけたくないという理由から家族葬を選択される方も少なくありません。周りはその気持ちを汲んであげる必要があるでしょう。

まとめ

家族葬における香典についてご紹介しました。家族葬では香典は受け取らないのが一般的ですが、少しずつ違ったりもします。参列者以外だけお断りするケース、葬儀は家族でするが香典は誰であっても快く頂くというケースなど、それぞれです。事前に親族の方や、故人の葬儀を行う葬儀社に問い合わせて確認すようにしましょう。

「プリエールふるさわ」家族葬を多く取り扱っております。今まではなかなか行われることがなかった家族葬。マナーに関しても曖昧だった方も多いのではないでしょうか。家族葬をご検討の方、 家族葬のマナーについてわからないことがある場合にはお気軽に当社にお問い合わせください。

24時間365日無料でご相談にお応えします

フリーダイヤル:0120-16-0199 24時間365日 通話料無料

専門スタッフが24時間365日いつでもお電話または対面にてご相談にお応えします。もちろんご相談だけでは費用も発生いたしませんので、安心してご相談ください。

  • 事前相談予約
  • 無料資料請求
お急ぎの方 24時間365日 年中無休
フリーダイヤル:0120-16-0199
事前相談のご予約
詳しい資料とエンディングノートをお届けします 無料資料請求はこちら