家族葬の供物にはどんなものを選ぶべき?供花についてもご紹介

家族葬の供物にはどんなものを選ぶべき?供花についてもご紹介

友人や知人が家族葬をされる場合に、どういったものを供物や供花として送るべきなのか誰しもが一度は迷うことでしょう。そこで今回は、家族葬の場合に送る供物や供花にはどういったものが適しているのか、家族葬における供物や供花の渡し方などについてご紹介していきます。

家族葬では供物や供花を辞退するケースが多い

家族葬では供物や供花を辞退されるケースが多いでしょう。元々家族だけで静かに葬儀をあげたいという目的で家族葬を選ばれているため、あらかじめ供物供花なのは辞退すると決めている方も多いことを覚えておきましょう。

供物や供花を辞退されている場合は?

供物のお断りは通常、次のような案内が来ます。

故人の意向により近しい者のみの家族葬を行います。
内輪での葬儀ですので、皆様からお供物や供花等は一切頂かないことにしております。
○○様におかれましても、お気遣いされませんように、 よろしくお願いいたします。

あらかじめ供物の辞退を表明されている場合には、 無理に香典や香典などを送るのはマナー違反にあたります。

香典を渡すのであれば、供物や供花は不要

基本的に香典をお渡しするのであれば供物や供花は不要になります。もちろん両方してはいけないという決まりはありませんので、 香典と供物の両方をお渡しする方ももちろんいらっしゃいます。ですが基本的にはどちらか一方で大丈夫です。

家族葬ではどんな供物や供花を送るべき?

家族葬に雲通夜供花を送る時はどのようなものを送ればいいのでしょうか?原則は通常の葬儀と変わりませんが、次のようなことに気をつけるといいでしょう。

宗門宗派や地域の習わしによって異なる

送るべき供物や供花の種類は故人の宗教や地域の習わしによって異なります。

  • 仏教の場合
    供物にはローソクや線香、果物やお菓子、缶詰、故人の好きだったものなどが一般的です。供花については、菊や百合などの白や黄を基調として花が基本になります。
  • 神道の場合
    神道の場合は果物やお菓子、海産物、お酒、故人の好きだった物などが一般的です。供花は仏教と同様の種類です。
  • キリスト教
    そもそもキリスト教には供物を送るという習慣がありません。供花に関しては白色の花や白い花を中心とした花束を贈る習わしがあります。

どれくらいの金額帯のものを用意するべき?

どれくらいの金額帯の供物や供花を用意するかどうかは、生前の故人との関係や習わしによって大きく異なりますので、一概にいくらとは言えません。しかし、あえて相場を定めるとすれば、供物は1万~1万5,000円程度、 供花は1万~3万円程度と言われています。

家族葬での供物や供花の渡し方

供花を渡すタイミング

次に供花を渡すタイミングについてご紹介します。供花は基本的にお通夜とされています。お通夜前から葬儀まで亡くなった人のそばにお花が供えられるからです。もし家族葬に供花を渡す場合は、お通夜またはお葬式前までにしましょう。葬儀場に直接電話して手配するといいでしょう。

またどうしても供花を渡すタイミングがお通夜やお葬式前に間に合わなかったという方は、 お葬式から1週間後に送りましょう。ただし、いきなり送ってしまっては迷惑かもしれませんので、送る際には故人に供花を贈ってもよいかどうかを確認したり、ご遺族の時間やご都合に合わせて事前に伝えたりしておくなどの配慮が必要です。

供物の渡し方

また供物を送る際にはのしをつけて送るようにしましょう、水引は白黒、黄白、藍銀の結び切りを選びます。基本的には白黒を使用していれば安心です。表書きには仏教の場合であれば供物/お供物/御霊前、神道であれば玉串料、キリスト教であれば御花料と書きます。水引の下には差出人の名字や氏名を書きます。できれば氏名を記入してください。

家族葬では供物以外のものを持参してもよい?

持参した供物や供花はすべて祭壇に並べられることが一般的ですので、できるだけ他の方が持参された供物や供花との統一感が出るように品選びに気をつけるべきです。できれば葬儀会社や親族の方に相談しながら内容を決めることをおすすめします。

ただ形式的な供物以外に思い出の品や故人が好きだったものなど、供物以外のものを故人に渡したいこともあるでしょう。場合によってはそういったものを持参しても構いません。ただし、持参する際には親族に断りを入れたり一声かけたりしてから持参するようにしましょう。

まとめ

家族葬における供物や供花のマナーについてご紹介しました。家族葬をする方は基本的には供物や供花を断られる方が多いでしょう。辞退されている場合は、何も送らずに気持ちのみで故人を偲ぶようにしましょう。また供物や供花の種類については宗門宗派や地域によって異なりますので、それぞれに適したものを送るといいでしょう。

「プリエールふるさわ」では家族葬専門としたプランも多数取り揃えております。家族葬をご希望の方はぜひ一度と葬祭式場へお問い合わせください。また今回ご紹介したような、家族葬におけるマナーなどのお問い合わせなどもお待ちしております。お気軽にご相談ください。

24時間365日無料でご相談にお応えします

フリーダイヤル:0120-16-0199 24時間365日 通話料無料

専門スタッフが24時間365日いつでもお電話または対面にてご相談にお応えします。もちろんご相談だけでは費用も発生いたしませんので、安心してご相談ください。

  • 事前相談予約
  • 無料資料請求
お急ぎの方 24時間365日 年中無休
フリーダイヤル:0120-16-0199
事前相談のご予約
詳しい資料とエンディングノートをお届けします 無料資料請求はこちら