家族葬のマナーはどんなことに気を付けるべき?3つの立場からご紹介

家族葬のマナーはどんなことに気を付けるべき?3つの立場からご紹介

宗門宗派、人それぞれによって葬儀の形式はさまざまですが、最近よく取り入れられている葬儀に家族葬というものがあります。家族葬といえばごくごく身近な人や親類などで行うイメージですが、家族葬にもれっきとしたマナーが存在します。今回は家族葬に参列する人のマナー、家族葬に参列しない人のマナー、家族葬を執り行う側人のマナーについてご説明します。

近年増加している家族葬

最近は高齢化社会も相まって、家族葬を選択される方が増えてきています。芸能人の方でもごくごく身近な親類だけで葬儀をしめやかに行われるという方が少なくありません。家族葬が増えた要因としては、最後は身近な人たちに静かに送り出してもらいたい、葬儀の準備や香典返しなど身内に手間はかけさせたくない、といった理由から家族葬を選ばれる方が多いためです。

今後は家族葬がどんどん増えてくることが予想されます。家族葬はまだまだ認知されていません。通常の葬儀とは少しマナーが異なっていることもあります。家族葬におけるマナーをある程度知っておくことが必要になるでしょう。

家族葬に参列する人のマナー

自分は参列してもいいのか確認

自分の親類が亡くなった場合、直系の親類であれば家族葬に参加すべきでしょう。家族葬は知人や友人は参加してはいけないのかというと、そういうわけではなく、生前特に仲の良かった友人や知人などは特別に家族葬に参列を頼まれる場合もあります。基本的には家族のみの葬儀となりますので、自分が微妙な立場の場合は参加してもいいのか、案内状や訃報はがきなどをしっかりと確認しましょう。

葬儀の日取りや日時が記載されていない場合ですと、会葬辞退の可能性が高いです。その場合、参列は控えましょう。参加可能なのに参加しなかったとなりますと、相手に失礼にあたりますので喪主に確認すると安心です。

香典は辞退されるケースが多い

家族葬では香典も辞退される可能性が高いでしょう。もし案内状が届いている場合には香典についての字帯の有無についても明記されていますので、 その通りに従ってください。香典を辞退されている場合には、渡す必要はありません。渡すとかえってマナー違反となりますので注意してください。

供物や供花はどうする?

また香典を辞退されているのであれば、供物や評価なども持って行く必要はありません。供物や供花を持って行ってしまいますと、相手側は返礼など準備しなければならず手を煩わせてしまうことになります。

家族葬に参列しない人のマナー

お悔やみの手紙を出す

家族葬に参列しない方は、後日お悔やみの手紙を送るようにしましょう。香典を辞退していない家族葬の場合は現金書留などで送っても問題ありません。

香典辞退の場合は送らない

しかし香典辞退の場合と明記されているのにも関わらず、香典を送ってしまうことはマナー違反になってしまいますので気をつけましょう。これは供花や供物に関しても同様です。

後日の弔問は確認してから

また後日個人のお宅に弔問するという方法もあります。この場合は弔問してもいいかどうかをあらかじめご遺族の方に確認するようにしてください。あまり遅すぎるのも良くないのでベースは葬儀から一週間程度を目安にします。

家族葬を行う人のマナー

参列者の範囲を明確にする

家族葬を行う側は参列してもらう人の範囲を明確にしておくことです。親類だけにする、特に仲の良かった友人は呼ぶなど、「呼んだ」「呼ばない」でトラブルになってしまうことも多いため気をつけましょう。

家族葬を行うこと、故人の意向であることを伝える

中には家族だけで葬儀を行うことを快く思わない方もいらっしゃいます。その場合はあくまでも遺族の個人の意向に沿った末の決断であったことを明確に伝えておきましょう。もちろん個人のことを偲んでくれる知人や旧人の方のお気持ちは誠実にくみとるようにしてください。 どうしても参列しないとお願いされた時などには柔軟に対応してあげるほうがおすすめです。

会葬辞退/香典の辞退の連絡ははっきりと

家族葬を行うことだけ案内をしても、どこからともなく場所や時間を聞きつけて葬儀に駆けつける方もいらっしゃいます。家族葬を行うため会葬は辞退すること、香典等を辞退する意向があるならばはっきりと連絡事項に付け加えておきましょう。

まとめ

家族葬におけるマナーを、家族葬に参加する人、参加しない人、行う人の三つの視点からご紹介しました。家族葬に関してはまだまだは正式なルールやマナーが通常の葬儀よりも認知されていませんので、思わぬトラブルに発展してしまうことも少なくありません。家族葬を行う側も参加する側も今一度マナーをおさらいして、失礼のないように故人を送り出せるように努めましょう。

「プリエールふるさわ」では家族葬のプランをご用意しております。家族葬に関しての疑問やお問い合わせについてもお気軽にお問い合わせください。

24時間365日無料でご相談にお応えします

フリーダイヤル:0120-16-0199 24時間365日 通話料無料

専門スタッフが24時間365日いつでもお電話または対面にてご相談にお応えします。もちろんご相談だけでは費用も発生いたしませんので、安心してご相談ください。

  • 事前相談予約
  • 無料資料請求
お急ぎの方 24時間365日 年中無休
フリーダイヤル:0120-16-0199
事前相談のご予約
詳しい資料とエンディングノートをお届けします 無料資料請求はこちら