家族葬におけるトラブルとは?トラブルを回避するために必要なことは?

近年家族葬が急増中!家族葬と一般葬の違いって何?

近年、その需要が高まっている家族葬ですが、 家族葬が増えるとともにトラブルもまた増えてきています。家族葬が認知されるようになって日が間もないため家族葬のマナーや慣例をご存じない方も多くいらっしゃいます。トラブルに発展する事例も多く見られるようです。今回は家族葬におけるトラブルにはどのようなものがあるのか、家族葬におけるトラブルの回避方法についてご紹介いたします。

家族葬の需要と共に増えるトラブル

近年では、なるべく静かに身近な親族だけで最後送り出してほしい、 高齢化社会になった背景もあり残した高齢のパートナーに葬儀手続きや香典返しの負担をかけたくない、などといった理由で家族葬を選ばれる方が増えてきています。

これまで行われてきた葬儀とは少し異なるため、価値観の違いや方式の違いなどにより思わぬトラブルに発展してしまうことも少なくありません。まだまだ始まったばかりの新しい葬儀の形のため、今後改善や工夫などが期待されますが、 トラブルに見舞われないためにも事前にどういったトラブルがあるのか、把握しておくことは必要でしょう。

家族葬におけるトラブルについて

親族とのトラブル

家族葬におけるトラブルは、決して第三者との間だけでなく親族との間にも起こりうることです。 親族の中には家族葬を行うことをよく思わない方や理解できないという方もいらっしゃいます。 特に高齢の方に至っては、生前お世話になった故人に対して、気持ちをあらわすために多くの方に、参列してもらうのが礼儀だと考える人もたくさんいらっしゃいます。

葬儀社とのトラブル

家族葬の場合、少人数でこぢんまりと行う葬儀が中心になりますので、通常行う葬儀よりも費用が安価である場合が多いでしょう。葬儀場の広告などでは、○○万円からという形で安価で手頃な葬儀の形が主流になっています。しかし実際に予想していた金額よりも多くの金額を請求されたりして、トラブルになってしまうことも少なくありません。

菩提寺とのトラブル

従来の葬儀といえば、菩提寺で戒名をつけてもらってから、お寺で葬儀をすることが一般的という地域も未だに多くあります。黙って家族葬をしてもらうことにより納骨してもらえない、再度葬儀をお寺で執り行わなければならない、という事態に発展してしまいトラブルになってしまうことがあります。

知人とのトラブル

家族葬は直系の家族やごく親しい友人だけを呼ぶものです。そのため故人を偲びたいのに呼ばれなかった友人が、親族に対してクレームをいうということも頻繁に起こります。またお香典を送ったのに受け取ってもらえなかった、お通夜供花を断られたなどでトラブルに発展してしまうことも少なくありません。

家族葬のトラブルを防ぐ方法は?

家族葬ではこういったトラブルに発展してしまわないために事前に対策を行っておきましょう。

家族葬であること/会葬辞退することを伝える

故人が亡くなった時点で家族葬を行うこと、 会葬は辞退することをお伝えておきましょう。家族葬をし終わった後に訃報通知としてお伝えする方法もありますが、仲の良かった友人に対してはあらかじめ葬儀の前に伝えておくことが親切でしょう。家族葬を行う日取りや場所などが伝えない方が混乱を招かずにすみます。3-2.故人の意思を尊重した結果であることを伝える

家族葬をするに至ったのは何よりも故人の意思を尊重した結果であることを伝えておきましょう。家族葬を行うことに否定的な方がいたとしても、故人の意向ということであれば納得してくれるはずです。むしろ故人の意向であることを伝えない場合、あらぬ誤解を招いてしまいトラブルに発展してしまう可能性があります。

事前に東大寺に確認をしっかりととっておく

家族葬であっても地域の菩提寺には故人が亡くなったことと、家族葬を行いたいという旨を事前に相談しておきましょう。その上で必要な手続きなどがあれば行うようにしておきましょう。

専門家である葬儀社との打ち合わせが大切

そして何よりも専門家である葬儀社の打ち合わせを怠らないようにしてください。お葬式はそう滅多に行うものではないため素人では分からないことがたくさんあります。 特に家族葬など、最近一般的になりつつある葬儀方法などについてはまだ知識が充分でない方も多いでしょうから、専門家である葬儀社に段取りや確認事項などは教えてもらってください。

葬儀にかかる費用についても、 葬儀前お葬儀後で変わるようなことはないか、 きちんと見積もりを出しておいてもらうようにしてください。

まとめ

家族葬におけるトラブルの内容やトラブルを回避する方法などについてご紹介いたしました。家族葬はまだまだ認知されてはいない葬儀形式ですので、 家族葬という価値観が分からない方や、マナーや習わしに戸惑う方も多いかと思います。周りの方への対応や家族葬の進め方で分からないことがあれば、専門家である葬儀社に聞くようにすると安心です。

「プリエールふるさわ」では、家族葬のプランに力を入れております。家族葬について分からないことがありましたら、ぜひ一度弊社へお問い合わせ下さい。

24時間365日無料でご相談にお応えします

フリーダイヤル:0120-16-0199 24時間365日 通話料無料

専門スタッフが24時間365日いつでもお電話または対面にてご相談にお応えします。もちろんご相談だけでは費用も発生いたしませんので、安心してご相談ください。

  • 事前相談予約
  • 無料資料請求
お急ぎの方 24時間365日 年中無休
フリーダイヤル:0120-16-0199
事前相談のご予約
詳しい資料とエンディングノートをお届けします 無料資料請求はこちら