ホーム>スタッフブログ>ご葬儀について

ご葬儀について

家族葬について考えてみよう④

皆様おはようございます。
関東地方も梅雨入りを迎え本日も小雨が降っている天気ですがいかがお過ごしでしょうか?

  rain前回のブログ更新日より少し間が空いてしまいましたが今回は家族葬についてのまとめを書かせていただければと思います。

 現代では、古くからのしきたりに必ずしもこだわらずにすむようになり、お葬式もいろいろなかたちを選択することができるようになりました。
 家族葬は、現代における新しいかたちのお葬式です。
良いところがたくさんある一方で、まだ社会に馴染んでいない部分もあります。
 お葬式は故人様のもの、ご家族のものであるとともに、故人様につながる様々な人たちのものでもあります。そうした方々にも十分な配慮のもとで、お葬式を進めていくことが大切です。
 お葬式は人生の最後をしめくくる、大切な儀式です。
ご家族を失う悲しみの中で先々のことをお考えになるのはたいへんだと思いますが、後悔の無いようになされてください。大切なご家族を心を込めて送るために。 

 ここまで4回にわけて書かせていただきました家族葬についてですがいかがでしたでしょうか、いろいろとわからない点・ご不安な点などございましたらお気軽にご相談ください。
弊社スタッフがきちんとご対応させていただきます。
 次回はここ数年でご依頼件数が多くなってきた火葬式についてかかせていただければと思います。
最後までおつきあいいただきありがとうございました。

家族葬について考えてみよう③

皆様こんにちは。大型連休はどの様にお過ごしでしたか?本日は台風の影響で風が非常に強いのでおきをつけください。typhoon

 本日は家族葬についてパート3 

家族葬においての注意点について少し書かせていただきます。
家族葬はごくお近い方だけに声をかけることから次のようなことが起こりがちです。

①葬儀後亡くなったことを知った方々が週末ごとにお悔やみを述べにご自宅にきてしまいその応対につかれてしまう。
②葬儀後に亡くなったことを知った人が最期にお別れを言いたかったと残念におもわれる。
③参列者を呼ばない予定だったが、式の日程を知って参列される方がいてその対応に追われてしまう。
④会葬者の数に応じて香典の金額も減るので、結果的に費用が高くつく場合がある。

などこうしたことを避けるためには逝去の知らせとともに家族葬で行うので、参列をご遠慮いただく旨を伝えることが必要になります。
式の前にこうした内容を書いた文面をファックスなどで送っておくと良いでしょう。
とはいえ、大切な家族を亡くした悲しみの中で、こうしたやりとりをする余裕のないこともあると思います。そのような時は状況にあわせたアドバイスをさせていただきますので、遠慮なくご相談ください。次回はまとめについて書かせていただきます

 ここまでおつきあいいただきありがとうございました。happy01

家族葬について考えてみよう②

 皆様こんばんは 今回は家族葬のメリットについてお話させていただきます。少しだけおつきあいください。

家族葬の良いところはやはり精神的にも肉体的にもご遺族のご負担が少ないという点があげられます。

通常のお葬式ではたくさんの方が参列に来ていただけるためその応対に疲れてしまうということがあります。またその結果大切な方とのお別れがじっくりと出来ないこともあるようです。

 そんなご遺族様の負担を軽減することができるのも家族葬なのです。また別の面でお葬式の費用についても、ある程度軽減することもできるので、その点もメリットといえるでしょう。

以上が簡単ですが家族葬の良い点となります。細かなところでは色々と良い点はまだありますが今回は簡単にお話させていただきました。

 次回は家族葬において注意すべき点についてお話させていただきます。最後までおつきあいくださりありがとうございました。よい週末をお過ごしください。confident

茨城県下妻市長塚2-1(国道125号線沿い)TEL0296(44)0011(代) 24時間年中無休
茨城県下妻市、つくば市の斎場・葬儀式場はプリエールふるさわへ

ページ上部へ