ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

下妻のお寺

 この時期になりますと、銀杏の実が落ち始め、あの独特の匂いがお寺の中にはいりますと漂っています。

下妻には多くのお寺がありますが、週末の法要で、ふるさわから5分位のところにありますお寺に行ってきました。

黄色い実がたくさん落ちています。

 本堂前で法要が終わるまで一人銀杏を剝いていました。

20171012990.JPG201710129932.JPG

ふるさ社長の美的センスです

 緑が欲しい、さみしいとスタッフが言いましたら、社長が館内に緑をたくさんコーディネートしてくださり、みんな癒されています。

2017106163656.JPG2017106163738.JPG2017106163830.JPG2017106163859.JPG

新しい仲間が増えました

 10月1日からふるさわに仲間が増えました。

横浜育ちのSさんです。

ふるさわの生き字引きのK泉さんとツーショットです。

2017103105842.JPG

2017103105918.JPG

開眼供養と紫峰牛

 秋分の日です。

1周忌にあわせて、開眼供養と納骨が執り行われました。

 故人様は、つくば下妻で有名な紫峰牛を扱う会社の取締役として、ご活躍をされていらっしゃいました。

ご家族様に許可を頂きまして、除幕の様子とそのお墓に一緒に建てられました紫峰牛の写真を撮らせて頂きました。

これからは、この場所からご家族の皆様を見守り続けていくのでしょう。

2017923161216.jpg2017923161319.jpg

共に寄り添いながら

 秋の彼岸に入りました。明日からの週末は、お墓詣りに出かける方も多いかと思います。

ふるさわのスタッフも明日明後日と初彼岸のアフターサービスに向かいます。

その中の一人、Kさんがお手伝いさせて頂く方は、もうすぐ1周忌を迎える若い男性の故人さまです。突然の事故でご葬儀には多くの方が参列をしてくださいました。

 喪主となりましたお父様から伺ったお話ですが、東北の大震災の時、下妻も大きな被害を受けました。

会社の経営者、役員として携わってこられた、このかたの会社も当然、大きな損害を受けました。しかしながら、自分の事より、東北の災害地の仲間を心配をして、支援物資をもって、すぐに災害地へ出発されたそうです。

ご葬儀の時に助けた仲間の皆さんからの弔電が寄せられていました。文面からも、このかたが、どんなに信頼されていたのかがわかるような内容でした。

 来月1周忌を迎えるご家族の方は、多くの悲しみを乗り越えて来られたと思います。

担当となり、共に歩んできたKさん、周りを和ませる不思議なオーラの持ち主なので、1周忌の時もご家族の皆様に温かい空気を運んでいくと思います。

2017922134841.jpg

 

本職は事務職です

  茨城県電話応対の良さ、ランク2位を誇りますふるさわの事務所の女性スタッフです。

 いつもは当然事務業務を行っていますが、式典スタッフが目が届かなかった蛍光灯の掃除をしてくれております。

しかも、皆様制服のまま、脚立に乗っております。

 男性スタッフは、気を遣ったのか誰もおりません。

2017915163523.JPG2017915163549.JPG

花環たての補修塗りをしています

 明日はご葬儀、そしてお彼岸が近いので、男性スタッフ忙しいのですが、その合間のわずかながらの時間を作り、ペンキを塗りながら、花環たての補修作業をしております。

 スーツから作業着に着換え、またスーツに着替えてのハードな時間を過ごしております。

 夕焼けとT主任…風情が出ています…。

2017914161037.JPG2017914161111.JPG2017914161147.JPGのサムネイル画像

 

整地作業

 9月に入り、雨の日が多いです。

今日も下妻は雨が降ったりやんだりの一日です。

ここ何日か、例年のごとく草取りの時期を迎え、4階の庭園と1階の式場周りの作業の毎日でしたが、今日は、特に大変な駐車場に面する庭の作業を雨に降られながらも、M永課長、T頃主任、O田主任、K島氏と男性スタッフずぶぬれの一日でした。

本当にお疲れ様でした。…見ているだけでごめんなさい

20179614123.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

秋のお彼岸を迎えます

 今年の秋の彼岸入りは9月20日になりますが、例年のようにふるさわのスタッフはお彼岸飾りのお手伝いをさせていただいております。

今日明日と伺います皆様に、花束のプレゼントと一緒に、ご葬儀から久しぶりにお会いするので、お話ししながら笑顔もこぼれます。

秋雨の中、担当の皆さん、これから出かけてまいります。

20179211036.JPG

同じなのに同じじゃない

 ふるさわの五階の式場は、大変珍しく、式場の中から外の景色が望めます。

 

2017830113852.JPGのサムネイル画像

 

                                                   こんな感じです。

先日、この式場で曹洞宗の方のご葬儀が執り行われました。仏門のご葬儀では、大事な儀式として引導作法がありますが、

曹洞宗は最後の方で大きな声を出してしめるご住職が多いのですが、時には作法が変わったご住職もいます。

位牌は仮の白木の位牌を使い、寒冷紗を引導の時に外すという儀式を行うご住職がいらっしゃいました。直接お尋ねしましたら、「この世で身に着けたものをすべて脱ぎ捨てるという意味があるんですよ。」と教えていただきました。

なるほど…。必ず行う引導作法でもご住職によっても様々です。

もうすぐ秋ですね。夏の疲れが出てくる頃です。夏バテ気味のスタッフが栄養ドリンク飲んでます。

茨城県下妻市長塚2-1(国道125号線沿い)TEL0296(44)0011(代) 24時間年中無休
茨城県下妻市、つくば市の斎場・葬儀式場はプリエールふるさわへ

ページ上部へ